募集が出ているならフランチャイズで夢を叶えよう

男女

国から補助金が出るかも

小規模店舗でのポスレジ導入は非常に敷居が高く、開業準備にポスレジを検討するかたは少ないです。少ないですが経営の観点から考えると日々の販売データが蓄積されているのは力強いです。また軽減税率の円滑な実施のため国から補助金が出る可能性もあるのでぜひ検討してください。

レジスター

情報管理が簡単になります

posシステムは、リアルタイムで商品の販売状況を自動的に収集できる方法です。幅広い情報を一括管理して、必要に応じて手軽に分析できます。情報の再検証が簡単で、詳細に確認できます。従来は高額商品が主流でしたが、低価格品が増えています。

独立開業の選択肢

婦人

ノウハウとブランドを買う

独立開業したいと思った場合に、参入がしやすいのがフランチャイズです。フランチャイズは提供する側の企業が対価をもってノウハウを教えたり、また社名などのブランドの使用を認めるといったものです。有名どころとしてはコンビニエンスストアなどが知られますが、それ以外にもさまざまな業種のフランチャイズ募集を行っています。独立開業したいと思う人からすれば、1から10まですべて用意するよりもフランチャイズを利用した方が、上手くいく可能性が高まります。一方で企業がフランチャイズ展開を行う理由はさまざまですが、大きな理由としては店舗の展開スピードを高める、市場を独占するといったもので、それらを自社で行うだけの資金力がないといったケースです。店舗を作るにしても、多額の費用が掛かりますし、なによりも人材を確保するのが難しいですが、フランチャイズでは少なくとも経営者にはやる気のある人物を確保することができますし、なによりも資金を出してくれるのですから、展開する側にとっては負担が少なくお店を増やすことができます。つまりこれから独立開業したいと思う人に資金を出してもらうことで、自社の展開力を高めることができるのがフランチャイズを行う理由です。もちろん、独立開業する側にとってもノウハウやブランドを対価を支払うことで手に入れることができるので失敗するリスクが低いメリットがあります。募集している業種としてはコンビニエンスストアなどが知られますが、そのほかにも低資金で開業できると募集しているものとしてハウスクリーニングや運送業などが知られます。またフランチャイズ募集では店舗がなくても行えるものもあります。

メンズ

利用視点で判断する

posレジはレジスターの最先端を行く機能を持っています。これを導入する際には、インターネットなどで情報を調べることが多いのですが、必ずしも、価格が高いものが良いとは限りません。店の状況と比較して検討することが大事なのです。