募集が出ているならフランチャイズで夢を叶えよう

男女

情報管理が簡単になります

レジスター

分析も手軽にできます

posシステムは商品の販売状況を単品単位で自動的に集計するシステムで、近年はレジスタ等に搭載して普及しています。小売販売業等で売上動向をリアルタイムで把握できると、時間帯や利用者の傾向等に合わせて販売方法を最適化する手掛かりになります。しかし、必要な情報は膨大ですから、手作業で行うことは現実的に不可能です。しかし、posを利用すると、販売業務を行っている最中にコンピュータがシステム的に情報収集を進めます。具体的には、商品名や販売数量から季節や天候、利用者等の幅広い必要な情報を一括して集めることができます。posはPoint Of Saleの頭文字で、販売時点と直訳されます。つまり、posレジと言う用法は、コンピュータシステムにおける情報管理の時間単位を示しています。収集した情報は商品単位で管理されているので、トラブルの発生等があっても再検証を詳細に行うことができます。また、分析ソフトが組み込まれていることが多いので、必要に合わせた動向把握を手軽に行うことができます。利用されている業種は多岐に亘りますから、収集する情報も業種次第で変わります。そのため、特定の業種向けに開発されたposシステムが従来の主流で、専門性が求められるだけに高額なことが一般的でした。しかし、高性能な情報端末が安価で市販されている現在、posシステムも価格の低下傾向が続いています。パソコンを活用して、アプリケーションだけを販売する場合も増えています。